必見! 最高の布団をお探しの方へ

本当に自分にあった布団は、近所の量販店ではなかなか見つかりませんよね。 布団を変えただけでビックリするほど肩こりや腰痛が改善したり、毎日の生活が気分良く過ごせるようになったりするものです。
当サイトでは、毎日ぐっすり眠るための布団をランキングで紹介します!

性能、寝心地など多くの点で高評価!テレビや雑誌など多くのメディアで紹介された話題の敷布団です。17cmの極厚で雲の上に寝ているような感覚が◎!
寝つきの悪い方、腰痛持ちの方に最適です。
【 評価:

自社工場で一枚ずつ手作りしたフカフカの洗える布団。
丸洗いによってアレルギー対策にもなる寝具です。布団の種類や中綿、側生地素材からも選べるのもうれしい。新生活での布団買い替えにおすすめ。
【 評価:

話題の敷布団「雲のやすらぎ」と同時に開発された高機能の超軽量かけ布団。 モニター満足度も抜群に良く、「ダニが住めない布団」として、特に冷え性の方やアレルギー体質の方に人気大。
【 評価:



熟睡できずに損していませんか?

毎日熟睡しているように思っていても、実際には浅い眠りの方が多く、疲れがとれないまま生活しているケースは非常に多いのです。
毎日のことだと考えると、これは本当に損をしています。


寝心地のいい敷布団とは?


「適度な硬さと厚みがあり、柔らかすぎずクッション性もあるのにへたりにくい」こんな敷布団が寝心地のよい条件になります。体圧分散式のものは、理想的な寝姿勢をしっかりキープできるので人気が高いです。

これらをクリスマスのプレゼントに贈ってみるのも喜ばれそうですね。クリスマスプレゼント 女性にも意外とウケが良さそうです。メインの贈り物はクリスマスプレゼント ランキングでアクセサリーなどを選んでおいて、サブプレゼントとして布団を贈るのもいいですね。

素材に関しては、木綿のものは吸湿性は優れていますが、放湿性は劣ってしまうというデメリットがあります。天日干しをしっかりすることで解決しますが、こういった定期的なメンテナンスは必要になってきます。

また、羊毛だと保温性に優れている上に、吸湿性と放湿性に適しています。さらにはホコリも寄せ付けにくいという面もあり、敷布団にはよい材質であると言えます。普通の固綿敷き布団の上に羊毛の布団を敷くという方法もとっても寝心地のよい状態になるようです。

上に敷く羊毛布団は、ベッドパットのような薄手のものではあまり意味がありません。 キルティング部分などの盛り上がりがきれいに出ているようなほどほどの厚さを選んでみましょう。

また、保温性の点では、掛け布団の方が重要視されることが多いと思いますが、実は敷き布団1つでも、保温性の高いものを選ぶだけで、寝ている間中血行が良くなる保温力があるものもあります。
やはりそれは、敷き布団に使用するウールの品質にもよります。中綿のウールの品質がしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

寝心地の良さはもちろん人それぞれであると言えますが、信頼できる寝具店を見つけて、自分のこだわりを伝えてみるのも、寝心地のいい敷き布団と出会える近道であると言えます。

布団体験レポート

人気の「雲のやすらぎ」の体験レポートを紹介します。「敷布団の寝心地」部門でランキング1位の使い心地は?

体験レポートはコチラ



商品名ランキング

雲のやすらぎ

詳細はコチラ
ふとん工場サカイ

詳細はコチラ
陽だまりの休息

詳細はコチラ